【成長実感!】ミスをカバーした話

営業事務職

おはこんにちは!こんばんは!

ゆいわです( ´∀` )!

部署内の人のミスをカバーをして自分自身の成長を実感している今日この頃です。

小さなミスは簡単に修正できますが、大きな目のミスを修正するのは骨が折れます。

最悪なことにミスをした担当者が不在で、下っ端の自分が諸々の対応をすることになってしまいました。

今回は自分自身の成長を実感できたことについて語っていこうと思います!

本日もよろしくお願いします!!

【上司が処理をミスった!!!】

ある日電話で「御社の商品で関係の無い商品が納品されたのですが・・・」という問い合わせを受ける。

電話を受けた私は「うわ~誰だよ、納品先ミスったの」と内心思いながら、状況を把握するために折り返しする旨伝える。

社内の担当者に確認をしようとしたが、当日有給で不在(´;ω;`)

諸々の状況について洗い出す(本来納品すべき場所の確認など)。

すると、他の商品も電話を受けた当日に誤った送り先に送ろうとしていた、ということが判明。

物流部にお願いをして当日出荷のものをキャンセルしてもらう。そして、再度正しい納品先の連携をする。

納品すべきところに商品が送られておらず、納品先と打ち合わせをして再手配で事無きを得ることができました。

また、誤って納品された商品については、次回の納品時に回収させてもらうようにしました。

事務処理をする担当者が不在という最悪なタイミングでかなり大変な思いをしたのを覚えています。

【自分の成長を感じた】

そもそも納品先を間違えて指定し、商品の発送準備まで進めてしまっていた上司のミスが、騒動の原因でした。

やるべき処理・商品手配について社内連携・納品先との打ち合わせなどなど。。。たくさん対応しなければならないことが一瞬で降りかかってきました。

でも、自分がやるべき処理の道筋が見えました(笑)

納品先に商品の手配状況ついて再確認し、謝罪し、あそこに連携して、ああいう処理をして、あの確認をして、最後に配送手配を整えて、先方に改めて納品日の報告。

やるべき処理が見えて、落ち着いて対応することができました( ´∀` )!

今までの事務の経験が役立ちました!

自分も少しは成長しているのだなぁ~と振り返ることができましたね(笑)

【感想】

他人のミスをカバーできるまで、仕事ができるようになってきたと実感しました。

最悪なことに担当者不在で対応しなくてはいけない状況で、状況把握からしなくてはならず、かなり手こずりました。

しかし、全体を把握することができると、やるべき処理が見えました!

営業事務の仕事をしてきて、対応力が上がったと少しだけ思えるようになりました。

ミスをした人に対してネガティブな感情を抱きそうになりましたが、明日は我が身ということで、目の前のミスをカバーすることだけに集中しました。

そして何とか乗り越えることができました(笑)

約3年営業事務として働いて、最初は自分の処理で手一杯という感じでした。

だけど、徐々に自分には関わりのない業務も、働いて得た経験から対応することができるようになり成長を実感した今日この頃でした。

ゆいわブログ@営業事務ランナー

コメント

タイトルとURLをコピーしました