早寝早起きと自己改革:朝活で始める人生へのポジティブな変化

朝活

細マッチョになって、恰好よくなって、賢い社会人になりたい!

そんな下心丸出しな思いで、朝活を3年間、毎日継続してきました。

朝の自己改革活動を通じて、日々の生活にポジティブな変化を起こしてきました。

そんな私の朝活を継続するために具体的な解決方法について紹介します。

朝の自己改革活動でより充実した人生を送りましょう!!

【早起きのメリット】

早起きには様々な特典があります。

第一に、朝の時間を有効活用することができます。

早起きすることで、他の人がまだ眠っている時間を自分のために使うことができます。

朝の静けさの中で、集中力を高めたり、好きなことに取り組めたり、自己成長に向けて発展させていくことができます。

また、朝に適度な運動をすることで、健康にも良い影響を与えます。

第二に、生活習慣を見直せる。

早く寝て早く起きることで、生活習慣を改めることにつながります。

起きる時間を決めて、逆算して寝る時間を決めることで、睡眠時間を削らずに朝活に取り組むことができます!

朝早く起きて、自分のやりたいことをするのは気持ちが良いですね!

【自己改革の重要性】

自己改革は、自分をより良い方向に成長させるための重要なプロセスです。

自己改革、自己啓発や目標達成に自ら取り組むことができます。

これらに取り組むことで、毎日の生活がより充実し、自己成長の機会を広げることができます。

自己改革は人生の幅広い領域においてポジティブな変化をもたらしてくれます!

その自己改革を朝にすることがおススメです!

  • 仕事終わりは疲れていて、やる気が削がれるから。
  • 朝は誘惑や連絡が少なく、集中しやすい環境にあるから。

早寝早起きをして、自己改革に努め、自分自身の成長に繋げていきたいですね!

【朝活の具体的な解決方法】

朝活を始めるためには、以下の具体的な解決方法があります。

意外と早起きはむずかしいΣ(・□・;)

早寝早起きの習慣化

睡眠習慣を整え、徐々に早起きをする習慣を身につけましょう。

目覚まし時計を使ったり、睡眠時間を調整したりすることが大切です。

朝活をするために早起きをすればいいというのは、半分正解で半分不正解。。。

つまり、睡眠時間を削ることはNGです(体験済み)。

睡眠時間を削って早起きをして朝活をしたら、仕事中に眠気が止まりません笑

この体験から、早起きをするためには早寝をしなければならない!と当然の結論に至り、22時入眠、5時起床という早寝早起き習慣を身につけました!

7時間の睡眠時間を確保したことで、毎日朝活に取り組み続けることができています。

時間管理

いかに自分を律して、時間を確保できるかが重要になります!

仕事終わりに飲み会に行って、翌朝早起きして朝活をするというのは、身体的にも精神的に負荷が大きいです。

その日の仕事は眠気で集中できないでしょう笑

目標設定と計画

朝活の目標を明確に、具体的な計画を立てましょう。

例えば、読書や勉強、朝ラン、瞑想など、自己成長するような活動や自分の好きなことを取り入れると良いと思います!

せっかく早寝早起きをして、朝活に取り組むのであれば、目標があると達成感や充実感を実感しながら継続することができます。

私は朝活を通じて、

  • 月間200㎞以上のランニング
  • 腹筋、腕立てなどの自重トレーニングで細マッチョの維持、向上
  • 月間4冊以上を読書する

という、小目標に向かって、日々朝活をしております!!

これらの小目標を達成し続けることで、自分に自信を持つという自己改革へと繋げていけるように頑張っています( ´∀` )!

朝のルーティンの構築

早寝早起き習慣を築き上げることができれば、もう達成したも同然!

ですが、ふとした悪魔の囁きで挫かれてしまう可能性があるので、ルーティンを構築すると良いです!!

起きたらまず水を飲む、ストレッチをする、目標に向けて1つ小さな行動をするなど、自分に正しく取り組むためのルーティンを作ることが重要です!

ちなみに私のルーティンは、、、

  • 毎朝起きたらコップ一杯分の水を飲む
  • ランニングシューズは左足から履く
  • 深呼吸3回

ルーティン行動をすると、朝活へのスイッチが入った感覚になり、すんなりと取り組めるようになります

【朝活の効果と成果】

朝活を継続することで、多くの効果と成果が得られます。

朝の時間を自己成長に使うことで、自己啓発や学習の機会を増やすことができます。

また、朝の運動やリフレッシュの時間を確保することで、健康面でもプラスの影響があります。

さらに、早起きすることで時間に余裕ができ、ストレスを軽減させる効果も期待できます。

  • 毎朝ランニング5キロしてきたことで、フルマラソンを走れるくらいの体力がつきました。
  • 毎朝筋トレ(腹筋・腕立て伏せ・背筋)をし続けたことで、健康的な肉体を維持。
  • 毎朝読書をし続けたことで、知識をインプットして賢くなりました。

【まとめ】

早寝早起きと自己改革を組み合わせた朝活は、充実した人生のための重要な要素だと思っております。

朝の時間を有効に使い、自己成長に取り組むことで、目標達成や幸福感の向上につながります。

自己改革には時間がかかるかも知れませんが、コツコツと取り組み続けることで変化が現れると信じています。

朝活を始めて、ポジティブな変化を実感してみましょう!

朝活
#{ゆいわ}をフォローする
ゆいわ@朝活で自己改革!

コメント

タイトルとURLをコピーしました